くそテキトーなブログ

2019年5月31日、会社員から卒業わーいとか喜んだ結果www

従業員マインドでは一生たっても幸せになれない

※現在はダチの会社とアフィリエイトを兼業。

僕は先日、総務部長にブチギレ、会社を辞める宣言をし、その日のうちに引き継ぎを受けていた先輩や同じ部署の上司に話をし、ケリをつけた。

6月いっぱいで、僕の会社員人生は終わる。

もちろん、勢いで辞めると言ったわけではない。

僕は2017年の2月に今の会社に入り、そして半年が過ぎた後に従業員マインドに疑問を感じていた。

そして、今は自分の技術を生かした事業をしている。

具体的にはSEOライティングやアフィリエイト、企業サイトづくりだ。

まあ、稼げてるかと言われればそうではないが、収益基盤は徐々に安定してきている。

特にアフィリエイトでは、最近調子がいい。

SEOでの勝負で、ここまで行けるとは思っていなかったが…笑

話はそれたが、総務部長にぶちぎれた時も上長に相談した時も、すこぶる気持ちに余裕があった。

それは自分で1年半準備・勉強をし、実行してきた貯金があったから。

また、僕は従業員マインドでは絶対に幸せになれないと確信していたから。

人によって幸せは違うと思うが、僕は

  • 休日が楽しみ
  • ボーナスが楽しみ
  • 給料日前が楽しみ

こんな考えは社畜が考えることだと思っている。

もちろん、これで十分と思う人もいるだろう。

別にいんじゃない?その人にとってはそれが幸せなんだから。

従業員マインドしか持たずに会社に入れば生涯年収がその時点で決まる

年収は高い方がいい。

僕もそう思う。お金大好きだし。

ただ、完全出来高の仕事でない限り、たとえ数百万、数千万の売り上げを持ってきても自分に入るリターンって?

を考えたら、ばかばかしくなってしまう。

結局リターンは微々たるもの。

僕の会社にもドヤ顔で注文取ってきた!とか言ってた先輩がいたが、その注文分入ってきてんの?

おそらく、多少査定が上がってボーナスにちょっと上乗せされるくらい。

つまり、多少の差はあれど従業員マインドで「俺は一生この会社でやって行くんだ!」

なんて決めた日にゃ、そいつの年収はその時点で決定する。

でも毎月の給料を鯉のように口を開けて待つ社畜にもいいところはもちろんある。

信用だとか、社会保険関係で会社が守ってくれるとか…

でもそれだけ。大事だけどね。

だから、

  • 年収をあげたい
  • 働き方を変えたい
  • 人生楽しく生きたい
  • 会社に縛られるのにはうんざり

と考えたり、僕のように従業員マインドに反吐が出るような人は今のうちから別にアクションを起こすことをオススメします。